HOME | 建築事例 | 夏見の家

夏見の家


構造:木造在来工法 2階建て
場所:千葉県船橋市
竣工:2006年 リノベーション
施工:株式会社 吉川工務店
 
 
 
 
杉板と白砂壁が心地よいリフォーム住宅。
屋根・柱・梁・基礎だけを残して全て解体し、つくり直しました。できるだけ元の柱は抜き取らず新たに柱をいれ補強するなど、耐震改修をしながら内装も一新しました。
自然素材にこだわりセルロースファイバー充填断熱を採用しました。断熱ばかりでなく防音効果もあり、公園や駐車場の音も気にならなくなったそうです。

夏見の家


構造:木造在来工法 2階建て
場所:千葉県船橋市
竣工:2006年 リノベーション
施工:株式会社 吉川工務店
 
杉板と白砂壁が心地よいリフォーム住宅。
屋根・柱・梁・基礎だけを残して全て解体し、つくり直しました。できるだけ元の柱は抜き取らず新たに柱をいれ補強するなど、耐震改修をしながら内装も一新しました。
自然素材にこだわりセルロースファイバー充填断熱を採用しました。断熱ばかりでなく防音効果もあり、公園や駐車場の音も気にならなくなったそうです。

 
 

【建て主の声】
建て替え前は部屋が細かく仕切られていて北側の部屋が暗いことに困っていましたが、その点は大きく改善され明るく風通しの良い家になりました。
セルロ-ス断熱のおかげで家の前の公園からの音が気にならなくなりました。断熱性が高いのも気に入っています。小さな赤外線ヒ-タ-ひとつでもかなり有効に効きます。
杉のフロ-リングは足さわり良く気持ちよいです。初めはフロ-リングの小さなキズが気になりましたが、キズもたくさんつけば模様と言われていましたがその通りであまり気になりません(笑)