HOME | SE構法 | SE構法の設計と施工

 

SE構法の設計と施工


 

SE構法登録建築士による設計

 
SE構法でつくる家は誰もが設計できるというものではなく、工法としての有効性と安全性を熟知し高品質な木造住宅を提供できる「SE構法登録建築士」として認定された設計事務所だけが設計できます。
「SE構法登録建築士」となるには(株)エヌ・シー・エヌが主催する「SE構法設計講習会」に参加し「SEASパートナー」として登録します。また、(株)エヌ・シー・エヌが定期的に実施する研修会や勉強会に参加し、進化・改良を続けるSE構法について常に最新の情報を共有しています。

 

SE構法登録施工店よる施工

 
SE構法はオープン工法で広く一般に開示していますが、単なる部材売りの工法ではありません。建築基準法第68条の26の大臣認定を受けた特殊な工法であるSE構法についての一定の知識を持っていなければ施工できません。また、責任を持って正しく施工するためには施工店として登録することが必要となっています。
「SE構法登録施工店」となるには一定の要件を満たす必要があります。まず、(株)エヌ・シー・エヌと基本契約(実施・取引基本契約)を締結し、その上でSE構法についての知識を身に付けるためにSE構法技術研修会に参加し、研修を修了し試験に合格するとSE構法施工管理技士資格が与えられます。
また、(株)エヌ・シー・エヌが定期的に実施する研修会や勉強会に参加し、進化・改良を続けるSE構法について常に最新の情報を共有しています。