HOME | 土地探しのサポート

 

納得のいく家づくりのための土地探しやローンサポート等をお手伝いします


 
設計相談・依頼の半数は土地探しの段階から引き受けており、当事務所は『元設計者』という経歴を持つ不動産仲介会社との共働にて土地探しをサポートしています。
下記のような事例に、依頼主さん・当事務所共に悩まされる事のない『納得のいく家づくり』を、土地探しの段階から徹底して進めています。
  
 
 ① 納得のいく土地が見つからず、不動産屋さんを転々とした後に建築条件付きの土地やマンションの購入をしてしまう
 
 ② 家づくりの費用総額を見誤り、予定よりも高い土地を購入した後で設計の相談を受けたため、
   建築費を低く設定せざるを得なくなっていた
 
 ③ ライフプラン、融資の条件、銀行の選択、住んでいるマンションを売って返済に当てたい・・・など、
   理解やサポートが不十分な状況で土地を購入したためトラブルとなる
 
 
それぞれに理由や適切な進め方があり、防ぐことができます。
 
 
まず①について。
初めのうちは手持ちの土地情報を提示してくれるので良いのですが、条件の合う良い土地はすぐには見つからないことが多々あります。
2回目からは新たな土地の提示が減り、なかには利益を優先する不動産屋さんがいて、土地だけよりも多くの仲介料が期待できる、建築条件付きの土地やマンションを紹介されることもあります。
あきらめずにエリアを広げたり、土地の見方を変えると案外良い土地が見つかるものです。
 
次に②について。
家づくりの総額が決まっている場合は、住まいの規模・仕様からおおよその建築費を算出し、それに設計料・ローン手数料・不動産仲介料・税金・登記手数料・・・などを差し引いた残りが購入できる土地代となります。
様々な費用があらかじめ分かっていると、安心して土地探しを進める事ができます。家づくりに関するあらゆる費用を表に整理し提示します。
土地代を上げたい場合は逆に建築費を削るなどしますが、そのような事も含めて納得のいく家づくりが可能となります。
 
最後に③について。
不動産屋さんや営業マンも様々です。誠意や十分な知識があれば良いのですが、うまくいかないこともあるようです。
我々は土地探しに先立ち、まず建て主さん・設計者・不動産屋さんの三者で会い、諸条件を伺い整理することから始まります。様々な事例を紹介しながら時間をかけてヒアリングを行い、納得のいく説明をいたします。
所有しているマンションの売却費を返済に回したいなど、複雑な処理を伴う場合でも根拠に基づいた返済計画を提示します。
 
 
土地探しには不安がつきものです。条件が整理できたらいくつか土地を探し出し、提案いたします。一緒に土地を見て回ることで、1回目では理想の土地が見つからなくても次回につながります。
良い土地が出てきて購入を検討する段階になったら、ラフプランを作成することもあります。旗竿地だったりすると一見して条件が悪いように見えるかもしれませんが、中にはちょっとした工夫で案外住みやすい家が計画できる。
普通ではあまり提示されない土地にも価値があることも多々あります。ご相談ください。
 

長期優良住宅を建てる


 長期優良住宅の認定を受けることは、様々なメリットがあります。

 
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は住宅を長期にわたって使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し環境への負荷を軽減するとともに、建てかえによる国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的として2009年に施行されました。この法律の制定とともに長期優良住宅の認定制度がスタートし、認定のための技術基準が設けられました。
長期優良住宅とは「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅 」です。 豊田和久建築工房は、ずっと長期優良住宅と同等+α の仕様で家づくりをしてきました。

更に長期優良住宅には税制の優遇措置が適用されます。
 
 

長期優良住宅の認定基準

  
*地震に強い家(耐震性)
 ・耐震等級 2
 (建築基準法レベルの1.25倍の地震力に耐えられる強さ)
 
夏も冬も快適な家(省エネルギー性)
 ・断熱等性能等級 4
 
*劣化に強い家(劣化対策)
 ・劣化対策等級 3
 (数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること)に加えて
  ・床下及び小屋裏の点検口を設置
  ・床下空間に330mm以上の有効高さを確保


*維持管理のしやすい家(維持管理・更新の容易性)

  ・維持管理対策等級 3
  (構造躯体に影響を与えることなく配管の維持管理を行う
  ことができること)
 
* 住戸面積(一戸建ての住宅の場合)
 ・良好な住居水準を確保するために必要な規模を有すること
 ・75㎡以上(2人世帯一般型誘導居住面積水準)
  かつ住戸内の一つの階の床面積が40㎡以上
 
 
※ 詳しくは、国土交通省HPLinkIcon をご覧ください。
 
◇ 建築事例にて
  「臼井の家」
  「真間の家」
  「四街道の家」
  を紹介しています。