HOME | 設計力・提案力 | 光とプライバシー

『駅前の住宅地で陽の光とプライバシーを確保した住まい』


商業地に近い立地の3階建て準耐火構造の住まい。
抜け道となっている南側と西側前面道路は多くの人が通るという敷地です。また周辺には3階建ての住宅も建っています。
日影図を作成し検討したことで、冬至に1階に陽が入るのはお昼の2時間程度ということが分かりました。往来する人からの視線を避け、貴重な冬至の昼の日差しを採り入れるために1階居間の天井を高くし窓を高い位置に設けました。

1階居間


同じく日影図により2階の南側と西側窓からは比較的長い時間陽が入ることが分かったため、窓をたくさん設置することにしました。3階は道路側に屋上庭園を造ることで、プライベートな部屋でも開放性が高い空間にすることができました。
居間には風通しのため小さいながらテラスを設けました。ウッドデッキとしたので居間と一体的に使用できます。テラスは道路に対して斜めに向けた格子を立てたのでプライバシーの確保は十分です。
 
陽当りの工夫をしたもののやはり陽の光による暖を確保することは難しく、1階のリビング・ダイニングには深夜電力による蓄熱式の床暖房を設置しました。寒いのは苦手だという建て主さんの要望から2階ホールにも同じ床暖房を設置しました。寒くなる真冬の夜や早朝も快適に過ごせます。
また蓄熱式なので床暖房の効果が長く続き、深夜の余剰電力を使用するので比較的エコで電気代を節約出来るのも嬉しいシステムです。
 
準防火地域のため建物を準耐火建築物(燃えにくい建物)にする必要がありました。コスト面とプランニングの自由度から木造としています。階段は厚い木の板を用いることで耐火要求を満たすことができ、写真のとおりスッキリとしたデザインとなりました。

階段


3階寝室は燃えしろ設計をすることで梁を現しにしており、木の家に住んでいるという実感が湧くようになっています。

3階寝室

『駅前の住宅地で陽の光とプライバシーを確保した住まい』


商業地に近い立地の3階建て準耐火構造の住まい。
抜け道となっている南側と西側前面道路は多くの人が通るという敷地です。また周辺には3階建ての住宅も建っています。
日影図を作成し検討したことで冬至に1階に陽が入るのはお昼の2時間程度ということが分かりました。往来する人からの視線を避け、貴重な冬至の昼の日差しを採り入れるために1階居間の天井を高くし窓を高い位置に設けました。

1階居間


同じく日影図により2階の南側と西側窓からは比較的長い時間陽が入ることが分かったため窓をたくさん設置することにしました。3階は道路側に屋上庭園を造ることで、プライベートな部屋でも開放性が高い空間にすることができました。
居間には風通しのため小さいながらテラスを設けました。ウッドデッキとしたので居間と一体的に使用できます。テラスは道路に対して斜めに向けた格子を立てたのでプライバシーの確保は十分です。
 
陽当りの工夫をしたもののやはり陽の光による暖を確保することは難しく、1階のリビング・ダイニングには深夜電力による蓄熱式の床暖房を設置しました。寒いのは苦手だという建て主さんの要望から2階ホールにも同じ床暖房を設置しました。寒くなる真冬の夜や早朝も快適に過ごせます。
また蓄熱式なので床暖房の効果が長く続き、深夜の余剰電力を使用するので比較的エコで電気代の節約が出来るのも嬉しいシステムです。
 
準防火地域のため建物を準耐火建築物(燃えにくい建物)にする必要がありました。コスト面とプランニングの自由度から木造としています。階段は厚い木の板を用いることで耐火要求を満たすことができ、写真のとおりスッキリとしたデザインとなりました。

階段


3階寝室は燃えしろ設計をすることで梁を現しにしており、木の家に住んでいるという実感が湧くようになっています。

3階寝室