HOME | Q&A

 

Q1:新築(またはリフォーム)を考えているのですが、依頼する前にまず一度相談してみたいのですか?

お気軽に電話やメールなどでご連絡ください。そしてぜひ一度事務所の方へお越しください。設計後のメンテナンスを含めると長いお付き合いになりますので、相性も大切です。

家に対する考え方、生活スタイルや趣味嗜好などをお伺いしたり、当事務所の仕事に対する考え方や取り組み方を説明させていただけたらと思います。

Q2: 過去に設計した住宅を見学できますか?

建て主様のご厚意により見学できる住宅はいくつかあります。また事務所兼自宅はいつでも見学できます。無垢の素材、断熱、蓄熱式床暖房などを体感することができます。

Q3:土地を探すところから相談に乗ってもらえますか?

設計相談や実際の土地探しのお手伝いもしております。

敷地には様々な法規制がかかっており、敷地を見るだけでは分からないことが沢山あります。用途地域・道路の幅・方位・近隣状況等は、建物の計画や建築費を大きく左右します。

また最初に住宅への希望や要望をお聞かせいただくことで、希望に適した土地探しをアドバイスすることもできます。 

Q4: リフォームもできますか?

もちろんリフォームも承ります。耐震補強、断熱改修等、様々な提案をさせていただいております。

Q5:予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

耐震性、断熱性、安全性など住宅の基本的な部分の予算はしっかり確保し、したいことの優先順位を明確にしたうえで予算内におさまるよう、現実的な家づくりを提案いたします。

Q6: 設計事務所に依頼するメリットとは?

設計事務所に依頼する一番のメリットは、建て主の思いを受け止めニーズに応えるノウハウをたくさん持っていることです。様々な構造・工法の選択ができ、またそれを得意とする最適な工務店を選択できます。

一般的なハウスメーカー等で建てる場合と比べると完成までに多くの時間を要しますが、それは建て主のライフスタイルに合った住まいを提案し、建て主と一緒に家づくりをしていくために必要な時間だと考えています。つくる過程や時間を楽しむことで、より家に愛着がわいてくると思うのです。

また、建て主側にたち専門家の目で図面通りの施工が出来ているかチェックします。

Q7:設計費はどのくらいかかりますか?

<木造設計監理の場合>

施工床面積1㎡あたり22,000円/㎡(構造設計費2,000円/㎡を含む)となっています。

(耐震性の高い安全な建物を設計するためにすべての建物に鉄筋コンクリート造と同様の構造設計・構造計算をします。混構造の場合は別途相談。)

最低床面積基準100㎡以下の建物の場合、一律2,200,000円(構造設計費含む)。

支払い時期は、契約時・実施設計完了時・常務完了時の3回となっています。

Q8: 本体工事以外にかかる費用にはどのようなものがありますか?

測量費、地盤調査費、引越し(仮住まい)費、近隣への挨拶、地鎮祭・上棟式費用、確認申請・中間検査・完了検査手数料、お茶出し費、印紙代、登記費、火災保険、解体費(建替えの場合)、などがあります。

Q9:設計期間・工事期間はどのくらいかかりますか?

住宅の新築の場合、標準で設計期間は4~6ヶ月程度です。見積り調整が1ヶ月~、工事期間が4ヶ月~です。

建て主のこだわりや建物の難易度によって前後しますが、設計開始から完成までにおよそ8ヶ月~1年強かかります。

Q10: 設計事務所に依頼すると高くつくイメージがあるのですが?

当事務所が設計した住宅は2,000万円~3,000万円中頃がほとんどです。

建て主それぞれのライフスタイルに合った住まいを提案し、大手ハウスメーカーと比較しても同等の費用で建てることができます。

Q11:遠方でも依頼できますか?

あまり遠方ですと、現場監理に目が行き届かなくなります。品質を保つという観点から、東京・千葉・さいたま・神奈川を主な業務範囲と考えています。

Q&Aの最終更新日 : 2017-02-04

Q&A


Q1:新築(またはリフォーム)を考えているのですが、依頼する前にまず一度相談してみたいのですか?

お気軽に電話やメールなどでご連絡ください。そしてぜひ一度事務所の方へお越しください。設計後のメンテナンスを含めると長いお付き合いになりますので、相性も大切です。

家に対する考え方、生活スタイルや趣味嗜好などをお伺いしたり、当事務所の仕事に対する考え方や取り組み方を説明させていただけたらと思います。

Q2: 過去に設計した住宅を見学できますか?

建て主様のご厚意により見学できる住宅はいくつかあります。また事務所兼自宅はいつでも見学できます。無垢の素材、断熱、蓄熱式床暖房などを体感することができます。

Q3:土地を探すところから相談に乗ってもらえますか?

設計相談や実際の土地探しのお手伝いもしております。

敷地には様々な法規制がかかっており、敷地を見るだけでは分からないことが沢山あります。用途地域・道路の幅・方位・近隣状況等は、建物の計画や建築費を大きく左右します。

また最初に住宅への希望や要望をお聞かせいただくことで、希望に適した土地探しをアドバイスすることもできます。 

Q4: リフォームもできますか?

もちろんリフォームも承ります。耐震補強、断熱改修等、様々な提案をさせていただいております。

Q5:予算が少ないのですが、相談に乗ってもらえますか?

耐震性、断熱性、安全性など住宅の基本的な部分の予算はしっかり確保し、したいことの優先順位を明確にしたうえで予算内におさまるよう、現実的な家づくりを提案いたします。

Q6: 設計事務所に依頼するメリットとは?

設計事務所に依頼する一番のメリットは、建て主の思いを受け止めニーズに応えるノウハウをたくさん持っていることです。様々な構造・工法の選択ができ、またそれを得意とする最適な工務店を選択できます。

一般的なハウスメーカー等で建てる場合と比べると完成までに多くの時間を要しますが、それは建て主のライフスタイルに合った住まいを提案し、建て主と一緒に家づくりをしていくために必要な時間だと考えています。つくる過程や時間を楽しむことで、より家に愛着がわいてくると思うのです。

また、建て主側にたち専門家の目で図面通りの施工が出来ているかチェックします。

Q7:設計費はどのくらいかかりますか?

<木造設計監理の場合>

施工床面積1㎡あたり22,000円/㎡(構造設計費2,000円/㎡を含む)となっています。

(耐震性の高い安全な建物を設計するためにすべての建物に鉄筋コンクリート造と同様の構造設計・構造計算をします。混構造の場合は別途相談。)

最低床面積基準100㎡以下の建物の場合、一律2,200,000円(構造設計費含む)。

支払い時期は、契約時・実施設計完了時・常務完了時の3回となっています。

Q8: 本体工事以外にかかる費用にはどのようなものがありますか?

測量費、地盤調査費、引越し(仮住まい)費、近隣への挨拶、地鎮祭・上棟式費用、確認申請・中間検査・完了検査手数料、お茶出し費、印紙代、登記費、火災保険、解体費(建替えの場合)、などがあります。

Q9:設計期間・工事期間はどのくらいかかりますか?

住宅の新築の場合、標準で設計期間は4~6ヶ月程度です。見積り調整が1ヶ月~、工事期間が4ヶ月~です。

建て主のこだわりや建物の難易度によって前後しますが、設計開始から完成までにおよそ8ヶ月~1年強かかります。

Q10: 設計事務所に依頼すると高くつくイメージがあるのですが?

当事務所が設計した住宅は2,000万円~3,000万円中頃がほとんどです。

建て主それぞれのライフスタイルに合った住まいを提案し、大手ハウスメーカーと比較しても同等の費用で建てることができます。

Q11:遠方でも依頼できますか?

あまり遠方ですと、現場監理に目が行き届かなくなります。品質を保つという観点から、東京・千葉・さいたま・神奈川を主な業務範囲と考えています。

Q&Aの最終更新日 : 2017-02-04