HOME | 長期優良住宅を建てる

 

長期優良住宅の認定を受けることは、様々なメリットがあります。


 
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は住宅を長期にわたって使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し環境への負荷を軽減するとともに、建てかえによる国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的として2009年に施行されました。この法律の制定とともに長期優良住宅の認定制度がスタートし、認定のための技術基準が設けられました。
長期優良住宅とは「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅 」です。 豊田和久建築工房は、ずっと長期優良住宅と同等+α の仕様で家づくりをしてきました。

更に長期優良住宅には税制の優遇措置が適用されます。
 
 

長期優良住宅の認定基準


 
* 地震に強い家(耐震性)   ・・・・・ 耐震等級 2(建築基準法レベルの1.25倍の地震力に耐えられる強さ)
* 劣化に強い家(劣化対策)  ・・・・・ 劣化対策等級 3
(数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること)に加えて
                       ・床下及び小屋裏の点検口を設置
                       ・床下空間に330mm以上の有効高さを確保
* 維持管理のしやすい家  ・・・・・ 維持管理対策等級 3(構造躯体に影響を与えることなく配管の維持管理を行うことができること)

  (維持管理・更新の容易性)
* 住戸面積        ・・・・・ 良好な住居水準を確保するために必要な規模を有すること
  (一戸建ての住宅の場合)              75㎡以上(2人世帯一般型誘導居住面積水準)、かつ住戸内の一つの階の床面積が40㎡以上
 
 
※ 詳しくは、国土交通省HPLinkIcon をご覧ください。
 
 

長期優良住宅を建てる


 長期優良住宅の認定を受けることは、様々なメリットがあります。

 
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は住宅を長期にわたって使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し環境への負荷を軽減するとともに、建てかえによる国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで優しい暮らしへの転換を図ることを目的として2009年に施行されました。この法律の制定とともに長期優良住宅の認定制度がスタートし、認定のための技術基準が設けられました。
長期優良住宅とは「長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅 」です。 豊田和久建築工房は、ずっと長期優良住宅と同等+α の仕様で家づくりをしてきました。

更に長期優良住宅には税制の優遇措置が適用されます。
 
 

長期優良住宅の認定基準

  
*地震に強い家(耐震性)
 ・耐震等級 2
 (建築基準法レベルの1.25倍の地震力に耐えられる強さ)

*劣化に強い家(劣化対策)

 ・劣化対策等級 3
 (数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること)に加えて
  ・床下及び小屋裏の点検口を設置
  ・床下空間に330mm以上の有効高さを確保


*維持管理のしやすい家(維持管理・更新の容易性)

  ・維持管理対策等級 3
  (構造躯体に影響を与えることなく配管の維持管理を行う
  ことができること)
 
* 住戸面積(一戸建ての住宅の場合)
 ・良好な住居水準を確保するために必要な規模を有すること
 ・75㎡以上(2人世帯一般型誘導居住面積水準)
  かつ住戸内の一つの階の床面積が40㎡以上
 
 
※ 詳しくは、国土交通省HPLinkIcon をご覧ください。